「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

太る、むくみ、静脈瘤、めまい、シミ、シワ、高熱・・・わたもりの大失敗

今週のTrinityわたもりの記事は熊本を中心とした地震で被災された方へ、
今、悩み苦しみを抱えている方へ、五月病の方へ、
予想もしない災難に遭われた方へ向けてのメッセージです。

「今、辛い思いをしていらっしゃる方へ―自然の力、人間の力、癒しの力」

唯、生きる。それこそがスピリチュアルだと私達は思っています。
どんなに大変でも、蘇る力が私達にはあります。
そうして来た私だからこそ書いた記事です。
是非お読みいただいて、記事ページSNSバナーへのいいね!お願いいたします。

************

久恵先生の食事相談について書いた前回の記事の続きです。
大失敗したことですが、とても大きな学びでした。

一昨年、久恵先生に出会って、食事で大きく体が変わりました。

痩せて、冷え性も解消し、若返り、
何より体が軽く、体調も良くなり、
疲れにくくなり、体力が付いた私。

だからね、慢心してしまったのです。

「ちょっとくらい外食とかしても、すぐに戻せるから大丈夫」

これが大きな間違いの素だったのです。

*************
私のした食の間違い

昨年はありがたいことにとても忙しくなり、
ご相談が夜9時過ぎまでかかることも多く、
夜も料理が出来ず、多い時は週の半分くらいは外食するようになったのです。

比較的安全なところを選んではいましたが、それは日頃は食べない動物性食品や砂糖を含むものを食べるという事でもありました。

フード(風土)ヒーリングでは肉や砂糖類を含む食事をした時のリセット方法も教えてくださいます。
確かにそのリセット方法で外食後にあるだるさなどはすぐに解消していました。

でも、一昨年はほとんど風邪をひかなかったのに昨年は高熱を伴う風邪をひき、更に、シミとしわが増えました。
そして、徐々に太りました。
足のむくみも出るようになり、妊娠時(10年以上前)に出来た静脈瘤が痛み出しました。
メニエール病のめまいも頻繁に出るようになりました。
高熱後には体力が回復しませんでした。

少しずつで自分でも気が付きませんでしたが、
全体に老化し、不健康になっていたのです。

そして、私は更に悪い選択をしてしまいます。
出ている症状が食の間違いによるものだと気が付かず、
それぞれ個別に対応しようとしたのです。

まず、シミやしわについては冬場だから乾燥するのだと判断し、
高価な化粧品を購入しました。
結果は安全な材料の化粧品であったにもかかわらず、
肌に刺激を感じ、返品。

体重増加はヨガやパワーヨガで対応しようとしました。
結果は高熱の風邪をひき、ダメージを受け体力が極端になくなり、
しばらくできなくなりました。

めまいや静脈瘤など体調の悪さは鍼灸治療や整体、
ホメオパシーなどホリスティック医療で。

高熱後の体力低下は、やはり食事でしょう!と、
改めたつもりで、更に最悪の選択をしてしまったのです。

それまで忙しさにかまけて不規則な食事時間だったので、
出来れば1日3食、フード(風土)ヒーリングの食事法で、
規則正しく食べる事にしました。

だから炊飯器も購入し、少ない空き時間でもおにぎりなどを食べるようにしたのです。

規則正しく、1日3食バランスの良い食事を食べ、適度に運動する。
これは現代栄養学が勧めている食べ方です。


それが大きな間違いだったのです。
そこから腸の不調を含め、更に体調がどんどん悪くなっていきました。

ここでまとめると、私が慢心からしていた間違いは以下の通り。
・外食、邪食(動物性食品や砂糖類を食べる事)をしても、リセット出来るから大丈夫と思っていた。
・体力がないのは現代栄養学の理論に従い食べて補おうとしていた。
・化粧品や運動、ホリスティック医療など不調を食事以外の方法で補おうとしていた。



***********
目覚めのきっかけは半日断食

ある時、偶然SNSで断食の記事を見つけ、
その内容がとても納得いくもので、面白そうだと思いました。

さっそく本を取り寄せ、
まずは自分が体験してみることにしました。
甲田光雄医師の本には腸の不調が改善したことも書かれていました。

久恵先生は食の道20年以上の方ですから、
断食=ファスティングについても経験が豊富で、
アドバイスをいただきながら始めました。

普段からフード(風土)ヒーリングの食事で陰陽酸アルカリのバランスがとれているので、
おなかが空くこともほとんどなく、
すぐに1日1食でも問題なく過ごせるようになりました。
(断食はフード(風土)ヒーリングで体を整えてからじゃないと危険な場合もあります)

身体が軽く、頭も冴え、体調もすぐによくなりました。
肌にもハリが戻り、顔色もよく、むくみもとれ、
メニエール病のめまいも消失しました。
(だからこそ、腸の不調が何故改善しないのか謎だったのです)

1週間目くらいで久恵先生にそう報告すると、

「でしょ~?
だからずっと言っていたじゃない。
料理作りすぎ。
食べ過ぎだよって」



原因はそれか~~~~~!
と、目が覚めました。

私はFace Bookの個人ページで自分の作った夕食メニューを写真付きで時々あげています。
(友達申請はメッセージ付きでお願いします)
それをご覧になった久恵先生にずっと「作りすぎじゃない?」と言われていたのです。

それでもフード(風土)ヒーリングで体に良い食事をしているから大丈夫と思っていたのです。

そこでやっと気が付いたのです。
・やっぱり邪食(動物性食品、砂糖類)はリセット出来たとしても身体に悪い
・現代栄養学の食べ方(1日3食30品目)は身体に負担になり体力が逆に落ちる
・人間そのものを作る「食」を蔑ろにして、悪いところを医療方法(それがたとえ自然療法でも)で補おうとしてもダメ



*:::*:::*:::*:::*
何故間違いか?

それは、私の体調にも表れているし、
現代栄養学に従った食べ方をしている現代人が病気だらけで
原因不明の病気になっていることから見ると明らかです。

現代人は食べすぎで、
それが健康状態を悪くしているのです。


食物が内臓に入るという事は、
消化、吸収などのためにエネルギーを使います。

大食は内臓が過労で疲弊し、消化や排泄の能力が落ち、
栄養も吸収できなくなるし、老廃物もたまり、
それによって更に身体に負担がかかり、
老化や、病気に繋がるのです。


たんぱく質は消化吸収が難しく、身体の過剰な負担となります。
(日本人は大豆たんぱくを「発酵」させて消化しやすい醤油や味噌にしていたのですが、それも最近は偽物が多くなっています)

これに加工品や健康食品(食品添加物を大量に含む、栄養過剰)などが加われば、
更に内臓の負担が増え、病気や老化の原因になります。


本によると現代栄養学の元になった「栄養を沢山取れば体に良い」と言うのははっきりした根拠がないのだそうです。
興味を持たれた方はぜひご自分でお調べになってください。

また、現代人の肉食が何故間違いか?と言う点については、
久恵先生がTrinityに書かれたこちらの記事がわかりやすいので参考になさってください。

「Ⅸ宇宙の法則~身体・心・魂を健やかにする食事~フード(風土)ヒーリング!」
記事ページSNSバナーへのいいね!お願いいたします。

昔の人は偉いですよね~~。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」

・・・・はい、反省します・・・(:_;)

***********
失敗したからこそ判る事

今回の2回目の食事相談を久恵先生がブログ記事に書いてくださいました。

「わたもりさんが受講してくれました!」

ここに書かれた私の間違い、失敗と言うのが前回の記事と、
今回の記事に書かれたようなことです。

食事相談で久恵先生が言ってくださった事があります。
「わたもりさんは自分の身体で感じ取ることができる人だから放っておけば必ず自分で気が付くと思って心配していなかったの。
時間はかかったけど、そのほうが良い学びになると思って」

(感涙)(;-;)

私を信頼して、知識を与えるのではなく、
本当の教えをくださった久恵先生に本当に感謝です。

やっぱり久恵先生はすごい人です。
食に関する知識だけじゃない、
人間としての奥深さがあるのだと尊敬の念を新たにしました。

私も迷いながら、間違いながら健康で幸せな自分へ向かって進む一人です。
どうか怖がらずに、ここをお読みの皆様も進んでいただけたらと思っています。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | | コメント:2
∧top | under∨
<<揺れない自分になる方法―わたもりのメンタルケア講座1 | 「私の中の森」 | 心の安定、病気治し、疲労感改善、頭の働き、ダイエットなど全てに必要なこと>>

この記事のコメント:

こんにちは。mariです。
久恵先生の記事も読みました。すごく納得できるのですが、
フードヒーリングは高い砂糖、塩、だし等を使うというので、
夫の理解が得れないのと、肉食系女子の娘には耐えられない
というのと、怒られそうですが、もう数年間、糖尿病を治す
ため糖質制限ダイエットしている私にとっては、夕食時に
お米を食べると、次の日の体重が1kg程度太ってしまう恐怖が
あり、そして、今順調に血糖値やHba1cが下がってきているので、
なかなかフードヒーリングに着手できないという現状です。

うーん、実際に北海道に行き、久恵先生の料理を食べたら目覚める
のでしょうか?
家族も意識改革するいい方法などありますか?
2016-04-27 Wed 17:24 | URL | mari #-[ 内容変更] | top↑
mari様

こんにちは(^^)
いつもありがとうございます。

フード(風土)ヒーリングの考え方は、安い材料を使って体に悪いものを身体に入れ、
病気になったら病院代、時間、手間がかかるので、
多少高くても、身体に良い物を入れたほうが良いという考え方です。

ご病気がある場合はかなりしっかり理論を学ばれてから、
実践された方が良いと思います。

が、知り合いの甲状腺機能異常症(普通は難しい病気)患者は、
フード(風土)ヒーリングですぐに数値が正常に戻りました。
本当はご病気の方にこそお試しいただきたいのです。
病院代、薬代って、高くないですか?

調味料を変えるだけでもずいぶん違うのですけどね。

動物性食品だけをやめてもダメで、砂糖類も同時にやめる必要があります。
ご飯、は、ほとんどが糖質のものなので、太るし、糖尿病にも良くないようです。
私も白米はほとんど食べません。
外食でも雑穀ご飯か玄米を選びます。

全て食事相談で詳しく学んだ方が良いようです。

でも、遠方のクライアント様の中にはご自分でマクロビオティックを学んで、実践され、
健康になられる方もいらっしゃるのですが難しいところですよね。
(フード(風土)ヒーリングは本流のマクロビオティックに近いです
現代人はそれでは不十分という事で新しく作られたのです。
久司マクロ、ナカマクロビは違います)

食事を変えるポイントは、
「自分は何を大事にしたいのか?」です。

ご自分で勉強し実践なさる方は結構切羽詰まった方が多いかな?
ご家族も、その人が健康になるためなら、と、協力し、
お肉は外で食べるなどなさるようです。

今は無理せず、「今は自分を何を優先させるか?」を考えられたらいいと思います。
ゆっくりで大丈夫です。
私達は気長にお待ちしていますから(#^^#)
2016-04-27 Wed 17:45 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |