「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

アダルトチルドレン、インナーチャイルドを癒しても前には進めない

Trinity今週の記事は全ての人間関係の基礎となる「自他の境界」についてです。

「あなたと私は違う人」自他の境界を持ちましょう―わたもりのメンタルケア講座」

これが理解できると、人間関係も、インチャ・ACも、
世の中のトラブルも、ハラスメントもすっきり理解できますよ。

**************
前に進むために

タイトルから誤解のないようにまず書くと、
インナーチャイルド(インチャ)・アダルトチルドレン(AC)を
癒す必要はないというわけではありません。

それはそれでカウンセリングなどを受け、
状況を客観的視点で見つめ、
心の整理をする必要があります。
自分で理解し、
気持ちを浄化したほうが良いでしょう。

私自身も20年ほど前にうつ病と対人恐怖症を患い、
ACについて調べ、学び、セルフカウンセリングをして自分で治しました。


多くのクライアント様のお話をお伺いし、
また、自分自身の経験も合わせ思う事があります。

ずっと、AC・インチャに取り組んでこられた方には申し訳ないのですが、
ここを誤解していると前に進めないので、
あえて書かせていただきます。

AC・インチャを癒しても、
トラウマを癒しても、
前には進めない
と言う事。

心の揺れやすさは変わらないし、
その後も傷つき続ける可能性があります。

そして、どうやって生きていったらいいのかもわからないでしょう。


まず、ここから先を読む前にご自分に問いかけてみてください。

あなたはどうなりたいですか?
どんなふうに生きていきたいですか?

※用語解説など、補足はこちらの記事をご参照ください。
Terraの十勝ブログ「子ども時代の心の傷」

**************
癒しても前には進めない理由


あなたがセラピーやヒーリング、
心理治療など誰かの力で癒されたのだとしたら、
それは自分の生きる力を使っていないので、
前には進めないでしょう。

何故、癒されたのかの根本が判らないからです。

その心の傷がついたのと同じような状況があるたびに、
心が揺れ、傷つき、元通りになります。

そういう状況を避けなければならないし、
精神安定剤も手放せないでしょう。

そして、私と同じように自分で癒したとしても、
やはり前には進めません。

私の場合は私と親との関係を見つめ、
親の立場を理解し、
状況を客観的に捉え、
適度な距離を保つようにしても、
自分の抱える心の癖(自己卑下、心の揺れやすさ)などは変わりませんでした。
「愛着障害と私」参照

だからこそ、気が付いたことがあります。

「癒しても、前には進めない。
前に進み、生きるには、別な要素が必要なのだ」



************
心の傷と、自他の境界


自分だけの問題なら、自分が変わることで何とかできます。
けれど、相手(親、傷つけた人)があることは、
自分が変わったとしても、
相手が変わらなければ自分を傷つけ続ける可能性があります。

AC・インチャ癒しでは
「許しましょう」「手放しましょう」「愛しましょう」
等と言いますが、
それは最終的に気付けばそうなるのであって、
それが「楽になる手段」ではないのです。

そこにいつまでもこだわっていると、
許せない自分を責め、
手放せないのはなぜかと問い続け、
愛せない存在を疎ましく思うでしょう。

けれど、そもそもそれが間違いなのです。

これは「自他の境界」に関係します。

こどもの側は親に「愛してほしい」と求めるものです。
中には全く子供に無関心な親もいて、それにより傷つくこともあるでしょう。

その欲求自体は子どもとして自然なものですが、
「親なんだから愛してよ!」と、
こだわることは相手をコントロールしようとする行為です。

これは境界線を越え、親の領域に入り込むという事です。
相手を変えようとしています。


一方、親の側は大抵の場合、無自覚に子どもの領域に入り、
傷つけようと言うつもりじゃなく、傷つける人は存在します。

子どもの生き方を自分の考えでコントロールしようとする場合などです。

これは親が境界線を越えてきて、
それを防げていない状態です。

どちらも自他の境界を守れていません。


***************
相手は変わらないという大原則


変えられるのは自分だけ。
相手は変えられません。

AC・インチャと言っても、
人それぞれで、
心のすれ違いや、
仕事、兄弟、家庭環境などの事情から生まれたものもあれば、
DVや支配など、犯罪に値するものもあります。

時間がたって、お互いに成長し、
誤解が解け、お互いを理解し合う事で癒されるなら、
それに越したことはないと思います。

けれど、どうやっても理解しがたい相手もいます。

むしろ、どんな理由があったにしろ、
暴力や支配、ハラスメントなど、
許してはいけないこともあると思います。

その許してはいけないことを許さなきゃと頑張る必要はないのです。
そうした相手を愛さなきゃと思う必要はないのです。

もし、許しても、愛しても、
相手が変わらない限り、
新たな傷が生まれるでしょう。

だから、無理に許す必要はありません。
愛する必要はありません。

中にはあきらめるしかない人もいるのです。

相手(親など)にはその人なりの事情があります。
それを理解し、受け入れ、
愛することが結果的にいつの日か出来るかもしれません。

でも、それができるまで、そこにこだわって、一生を過ごすのですか?

許せないことを、許そうとし、
愛し合えない相手を愛そうと努力し続けることは、
その傷をずっと見つめ続けることになります。

だから、前には進めません。

そして、同じような状況が繰り返されるたび、
心は傷つき、その度に心は揺れるでしょう。

だからこそ、多くの人は、AC・インチャ、トラウマを何とかしようとするのでしょうが、
それこそが前に進めない、
心が楽にならない理由なのです。

うちのクライアント様を見ていると、
私のカウンセリングによりAC・インチャのこだわりをすぱーんと手放して、
どんどん前に進んでいかれる方が多くて素晴らしいと思います。


*************
自分はどうしたいのか?


前に進み、心が揺れないようにするために必要なのは、
前回もお伝えした、
自他の境界をしっかり保つことです。


そして、そのためには
まず、
「自分はどうしたいのか?」と言う芯が必要になります。
これがセンタリングです。


どうやって生きていきたいのか?

それが決まっていないから、
前に進めず、過去や相手や傷にこだわり続けるのです。

どうしたいのかが決まっていれば、
たとえ心が揺れても、
「これは私の人生にはさほど重要じゃない物だ」と思えます。

そして、グラウディング。

「今、私は何のために生きているのか?何をしたいのか?
こんなことのために心を煩わす必要があるのか?」


裁く心の解放が出来ていれば
心が揺れた出来事を良い悪いに分けず、
自分にとってどんな意味があったのかを考えられるでしょう。



癒しと、相手を許したり、受け入れたりすることと、
前に進むことは別の領域なのです。


そこを分けずに、
「これを癒さないと前に進めない」とするから、
いつまでも、前には進めません。

いつまでもそこにこだわる暇があったら、

自分がどうやって生きて行くか?
どうしたいのか?

を、考えましょう。


本当は時間がかかっているのは、
そこなのではないですか?

自分がどんな生き方をしていきたいのかわからないから、
誰かや何かのせいにして前に進まないのではありませんか?



・・・・かつての私のように。

大丈夫です。
私は45年かかりました。
そして、揺れない、揺れても元に戻せる自分を手に入れました。

あなたにもできます。
それを、あなたが望みさえすれば。


もし、必要があれば、
いつまでも私達Terraのメンバーが道案内をさせていただきます。
暗闇はずっと暗闇のままじゃありません。
出口はあります。
私達は小さな小さな灯りかもしれませんが、
それでも絶えることなく、
ここで灯し続けていますから。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | アダルトチルドレン | コメント:6
∧top | under∨
<<本当の癒し―病気予防と治療 | 「私の中の森」 | 自他の境界を持つ方法―わたもりのメンタルケア講座2 >>

この記事のコメント:

こんにちは。mariです。
今回の記事、とっても理解しやすくて、ためになりました!
そうですよね、順番にこだわる必要ないんですよね。
それと、最近、カウンセラーの就活をしてて、NLPが通じない
という現実を目の当たりにし、なんで臨床心理士や精神
保健福祉士にそんなにみなこだわるのかなと、過去の
10年間も私をカウンセリングして何もできなかった臨床心理士
のことを思い、複雑な気分であれほど熱意のあったカウンセラー
志望に影が見え始めました。
センタリング、クラウディングできてない今の私です。
「給与が全てなのか?」「自分と同じ体験をしている人を
幸せに導きたいのではなかったのか?」と葛藤中です。
でも、最後には、きっとカウンセラーを目指したいと思える自分がいると思います!
2016-05-12 Thu 18:28 | URL | mari #-[ 内容変更] | top↑
mari様

> それと、最近、カウンセラーの就活をしてて、NLPが通じない
> という現実を目の当たりにし、なんで臨床心理士や精神
> 保健福祉士にそんなにみなこだわるのかなと、過去の
> 10年間も私をカウンセリングして何もできなかった臨床心理士
> のことを思い、複雑な気分であれほど熱意のあったカウンセラー
> 志望に影が見え始めました。

開業するか?就職するか?何を目指すかでずいぶん違うと思いますよ(^^)

> センタリング、クラウディングできてない今の私です。
> 「給与が全てなのか?」「自分と同じ体験をしている人を
> 幸せに導きたいのではなかったのか?」と葛藤中です。
> でも、最後には、きっとカウンセラーを目指したいと思える自分がいると思います!

上手くいかないというのは、まだ足りない要素があるとか、
「それは違うよ~」と言われているとか、
試されているとか、色々な場合があります。

センタリングは来週のTrinityの記事に書こうと思っていますのでお楽しみに(^_-)-☆
2016-05-14 Sat 23:19 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
ホントに見るたび元気付けられて感謝してます
ありがとうございます。
2016-05-16 Mon 01:33 | URL | はうまち #-[ 内容変更] | top↑
はうまち様

コメントありがとうございます(^^)

> ホントに見るたび元気付けられて感謝してます
> ありがとうございます。

こちらこそお読みいただきありがとうございます。
励みになります。
これからもどうぞよろしくお願いいたします(*^^*)
2016-05-16 Mon 18:18 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-12-12 Mon 23:53 | | #[ 内容変更] | top↑
名無し(H)様

お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
そうですね。
少しずつ、変化できるといいですね。
私の記事がそのきっかけになれれば幸いです。

ありがとうございました。
2016-12-13 Tue 23:33 | URL | わたもり #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |