「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

自分に自信を持つ方法―東藻琴「芝桜公園」の景色から

東藻琴の芝桜公園

芝桜1

北海道の東、オホーツク海に近い地域にある
「東藻琴芝桜公園」(公式HPにリンク)です。

芝桜2
芝桜3
芝桜4


素晴しい景色でしょう?
山の斜面全てが芝桜でおおわれています。
空気までもがピンク色に染まったようです。
香りもとても素晴らしいのです。

先日網走市の実家へ行った帰りに立ち寄りました。
4~6月のカードリーディングのメッセージは
「とにかく楽しい事、嬉しい事、したい事、自分を喜ばせることをしなさい」
と言うもので、5月は所要も兼ねてあちこちに出かけています。
1週間以上、仕事をしていない状態です。
でも、エンジェルナンバーなどで「経済的な事は心配するな」と繰り返し言われるように、
ご依頼数は他の月と同じなのです。

旧東藻琴村(現大空町)には
私がシングルマザーで二人の子どもを育てていた頃に住んでいました。
15年ほど前のことです。

人口3,000人弱の、人より牛の方が多いという村でしたが、
役場の方をはじめ、皆さんとても親切で親子3人守り育てていただいたと思っています。

私は仕事をし、子どもを育てる傍ら、
東藻琴を中心に、
周辺地域のボランティアや地域づくり活動に参加させていただいていました。

母子家庭は何かと福祉のお世話になることが多かったので、
何か恩返しができればと思っていました。

2000年と2001年(21世紀になる時)の年越しは、
東藻琴神社の境内で、事務局としてカウントダウンイベントをしていました。
私の21世紀はこの村から始まりました。

私の自慢の第2の故郷です。(*^^*)


**************
自分に自信を持ってとはよく言うけれど


あなたは自分に自信を持てますか?
私は、ちょっと怪しい?(^^;)
だいぶ自尊心が復活してきているところです。

私はご相談の中で、その人の本質と思える点をお伝えいたします。
「強さ」「心のきれいさ」「肝が据わっている」「良識がある」など、
その方によって様々です。

先日ある方に偶然お会いして近況をお聴きすると、
出会った頃には考えられなかったくらいご活躍されているご様子。
それはSNSでも見ていて、嬉しく思っていました。

「だから言ったでしょ?あなたはとても有能だって」
そう言うと、その方は
「そう言われた時は、そんな筈ない、何言ってんだって思った」
と、笑っていらっしゃいました。

「的外れな褒め言葉はその人の人間性を著しく損なう」
とは、村上春樹さんの言葉ですが、
本質を知ることはその人の道を示します。


むやみに「自分に自信を持って」と言うのは害悪だと私は思っています。

実力、努力、経験などが無いのに、根拠なく自信を持っている人ほどたちの悪いものは無いと思っています。
それ以上の成長は望めないからです。

残念ながら、学歴も、資格も自分に自信を与えてくれるものではありません。
容姿も人気も、表面的な物ほど、
自分に見合わないと不安を増すだけでしょう。

私の場合、ある程度お話すれば、
その人の魂の本質が見えてきます。

今が違っているとしても、本質を知れば必ずその本質へ向かって行けます。
それを道案内するのが私達のお仕事です。

では、どうやったら向かって行けるのでしょう?

その答えは、上記の芝桜公園の景色の中にあります。


**************
私達の中の花畑

東藻琴の芝桜公園は私が子どもの頃、
40年近く前はジャンボ滑り台(今は無い)と温泉と、釣り堀があるだけの場所でした。
個人の方が山の斜面に芝桜を植えたのがきっかけとなり、
少しずつ増やし、手入れをして、
長い歳月をかけて、ここまでになったのです。
(「芝桜公園の歴史ーそれは手作業が生んだ」参照)←ぜひ読んでください!

この景色は、年間を通して、この急な斜面の雑草を人の手で丁寧に抜きとって行かなければ出来ないのです。
日陰もない日当たりの強い斜面を、シーズン以外の時期も丁寧にです。

芝桜が痛んだところは植え替え、お客様のために必要なものを少しずつ整備し、
北海道で一番観光客を集める村となったのです。

目先の利益を求めてお土産物やレストランで稼ごうとするのではなく、
手間も時間もかかる芝桜の手入れを丁寧にすることで、
一度訪れた人もまた行きたいと思う景色を作り上げたのです。


先日訪れた時も、観光客がとても多いのにも関わらず、
トイレをはじめとして、どこもきれいに清掃され整えられていました。
景色や集客人数に慢心することなく、
常に努力を惜しまない東藻琴の方々の誠意が判ります。
役場の方は温度、湿度、風向きなどから開花状況をピタリと当てられるくらいプロフェッショナルなのです。

東藻琴村には第一次産業以外にめぼしい収入源はなく、人口は減る一方でした。
とても自信など持てるはずのない村と言えたと思います。
(でも、皆さん東藻琴村が大好きなのですけど)

だからこそ、この芝桜公園が素晴らしいのです。
自信を持ち、誇りを持つとは、こうする事だよと教えてくれていると思います。

これだと思った事を、丁寧に誠実に行い、
プロフェッショナルに毎日を積み重ねていく。


それはどんなことでもいいのです。
「大したことじゃない」と目の前のことをおろそかにする気持ちでは、
この芝桜公園の景色は作れなかったでしょう。

それは私達も同じです。

私達の中にある何かを、
「思い」「日常」「目標」など、
何でもいいから丁寧に誠実に積み重ねて生きていきましょう。

それには自分が「好き、楽しい」と思えることを選んだ方が良いでしょう。

学歴、容姿、知識、経験、性格など
足りないところがあるなら、
足りるように努力するしかないのです。


「努力しても限界がある」とは、
限界まで努力してから言う言葉です。

それが自分にとって必要で、
自分の本質に沿ったマト外れじゃない物なら
特別なことをしなくても、
黙っていてもうまく行きます。

周囲の人や状況は関係ありません。

他者のせいにし、
足をひっぱり、うらやんだり、妬んだりすることでは、
自分の自信は作れないし、何物も得られないのです。

目先のお金を稼ぎ、
人気を得たとしても、
揺らがない自信の上に無いものは、
カンタンに崩れます。

私達の中にある花畑を丁寧に手入れして行きましょう。
花畑じゃなくても、小さな鉢植えでもいいのです。

それには時間がかかります。
けれど、かけた時間の分だけ、
自分への信頼が積み重なり、
それが自信となっていくのです。


もし、的外れなモノだとしても、
失敗に終わったとしても、
自分の誠実な生き方を誇れるでしょう。

そういう生き方で、これからの自分を作って行きましょう。

Web雑誌Trinityにもこれに繋がる私の記事が配信されました。

「今ここに生きる『グラウディング』―わたもりのメンタルケア講座」

Trinity記事から・・・
「私達は毎日を丁寧に真摯に重ねていくことで、
地に足を付け、
今この瞬間を生きて未来を作って行くことしか出来ないのではないでしょうか?
それができてこそ、
この世界でただ一人のかけがえのない自分を感じることができるのだと私は思います」


自信が持てるようになるとしたら、
それは自分の軌跡の上にだけです。
気付かせてくれる誰かは必要かもしれませんが、
誰かにもらえるものではありません。

まずは丁寧に、自分の花を育てていきましょう。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | メンタルヘルス | コメント:0
∧top | under∨
<<相棒となるパワーストーンブレス | 「私の中の森」 | 本当の癒し―病気予防と治療>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |