「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

虐待か?しつけか?

わたもりのご提供メニューに、

常連客様専用緊急時相談メール

を加えました。
詳しくはHPをご覧くださいませ。

突然の何かで不安や混乱、体調不良でも対処法が判らないなど、
緊急時に、誰かに相談できればいいのですが、
相談できる相手がいないとか、
夜中で相談するのに躊躇するなどの場合、
私宛にご相談メールをくださいませ。

ネット環境の異常でもない限り、24時間以内に対応いたします。
(いえ、夜中に起きてまで返信しませんから安心してください ^^;)

ただし、一度でもわたもりのご提供メニューをご利用くださったクライアント様が対象です。
後払い制のため、信頼関係が重要だからです。

今までもクライアント様から緊急時にご相談いただいていました。
他の御相談同様の内容をお伝えしているのに、
料金等提示していなかったために、
却ってクライアント様に恐縮させてしまったり、
ご相談を躊躇させてしまう事が多かったので、
今回メニューに加えることにしました。

特に、HSP故の非HSPには話せない事は相談先が周囲に見つけられない方が多いと思います。

クライアント様から「駆け込み寺のような場所」と言っていただくことも多いTerraです。
これからもクライアント様の利益を一番に考え、
少しでもご利用しやすいようにしていきたいと思っています。


***********
子育て、親子関係に見る自他の境界


Web女性誌Trinityに今週掲載のわたもりの記事

「子育て・親子関係に見る自他の境界―わたもりのメンタルケア講座」

先週まで連載してきた自他の境界と3要素について総括するとともに、
自他の境界が形成されるために重要な親子関係について書きました。

最近は「虐待か?しつけか?」と言うニュースが多く取り上げられ、
その度に非難の声が上がっています。

が、私には非難することは出来ません。
彼らはたまたまそちら側に立っただけで、
私は運よくこちら側にいるだけだと思うのです。

どんな親でもそちら側に立つ可能性があるのではないでしょうか?
そうおびえていらっしゃる親御さんはもしかしたら多いかもしれません。

自分のことを全く棚に上げて他者を非難できる人なら気にならないのでしょうが、
Terraのクライアント様には、
病気や痛み、人生の困難さなどが原因で、
精神的に追い詰められ、
子どもにきつく当たってしまったことなどを深く後悔し、
苦しんでいる方も多いのです。

それは心がきれいだからこその悩みなのだと思います。

世の中には自分は関係ない事に、
何もしていないにも関わらず、
何かしているような気になって、
口先だけの立派なことを言って他者を非難、批判する人が増えています。

そうやって奥深くにある自分のコンプレックスを解消し、
優越感に浸りたいという汚い心の表れだと思います。
自分の姿の見えていない、自他の境界が無い行為です。

今の日本はそういう批判をする人に怯えている社会になっているようです。

大丈夫です。
他者の痛みを、自分の身に置き換えて考えられる人なら、
たとえ今、誰かを傷つけていても、光を選んで生きていけます。


100%の善も悪もありません。
この世界全てが陰と陽のバランスで成り立っているからです。
久恵先生Trinity記事参照
「~身体・心・魂を健やかにする食事~フード(風土)ヒーリング~ ♪7つの宇宙原則からひも解く風土ヒーリングその1」

私達の中にも、光と影、善と悪の両方があります。
そのどちらを選んで生きていくかが大事なのです。

わたもりアメブロ記事参照「いまさらながらハリー・ポッター」

タイトルの「虐待か?しつけか?」について言えば、
私は最近、どっちかの問題じゃないと思います。

私は自他の境界を理解せず子育てをすることこそ、
子どもの人間性を大きく損なうと思っています。


是非、上記わたもりのTrinity記事をお読みください。

**********
では、どのように子育てしたらいいのか?

上記リンク先の記事を含め、ここまで読んでも、
どうしたら良いのかわからないとお思いの方も多いでしょう。

どうしたら良いかは、一人ひとり違うと思います。

書かれていることを深く考えず、
鵜呑みにしてただそれを真似する人もいるでしょう。

鵜呑みにし、真似をするのは自他の境界が無い行為です。

Trinity記事中にあるように、
まず親御さん自身が自他の境界を身に着けることが大事です。

それには時間がかかるので、
実際に子育てをする時に必要な対応は、
ご相談の中でおひとりごとにお伺いします。

私は4人の子の母ですが、
同じように育てても、同じようには育ちません。
一人ひとり、違う人間だからです。
今そこにいるその子自身を見る=グラウディングが大切です。

本や記事にあることが、そのままご自分の子どもさんに適応できるとは限りません。
何より、そこには「自分はこうする」と言うセンタリングもありません。
そのルールから外れたらダメだと裁く心も発生するでしょう。

自分を育て、子どもを育て、
「自分」と言う一人の人間を作り上げるのは、
インスタントには出来ない物なのです。



***********
インチャを癒しても意味がない


生きにくさの原因がどこにあるかを「知り」、
自分が今の状態になった原因を「理解する」必要はありますが


それにこだわることはグラウディングが出来ていない状態です。

ましてや親を恨み、謝罪を求め、
親に変わることを求めるのは自他の境界を犯す行為です。


だから、自分はこうして生きていくというセンタリングもいつまでも出来ません。

インチャに限らず、過去のことは過去の事。
もう終わったことなのです。

大事なのは、「今ここから」どう生きていくかという事です。

もし、親御さんに自他の境界が無く、
子どもである自分が苦しんだというなら、自分が自他の境界を身につけましょう。

他者を非難している暇があったら、自分を変えることです。

「そのままのあなたで良い」と言うのは、
まるで人が100%の善であるかのような言い分です。

以前からお伝えしていますが
私は「良い事だけ言う情報」も、
「悪い事だけ言う情報」も、信用しないことにしています。

両方・両面があって当たり前だからです。

そのままで良いと思えない、出来ないから、
人は苦しんでいるのです。
生きにくいのです。


言葉だけの、表面だけの何かでどうにかなるなら、
とっくにどうにかなっています。


そんな自己啓発的な言葉なんて、
この情報化社会では、あふれかえっています。

それじゃ解決できないから、皆迷子になっているのではないでしょうか?

だから、それを解決する手立てとして、
私はメンタルケアの基本を身に着けることをお勧めいたします。

インチャ癒しをしたって、意味なんてありません。
必要なのは客観的な分析と理解、そして、その先の行動です。


とはいえ、実際にはそれをどうしたら良いのかわからない方が多いと思います。
自他の境界を作るのが、心だけの問題じゃないことは、先日もお伝えした通りです。
「自他の境界を持つ方法―わたもりのメンタルケア講座2 」

私もそうでした。
手探りで自分を癒し、立て直し、
多くのクライアント様を見てきた中で見出したのが、
このメンタルケアの基本「自他の境界」です。

もっと早くにこれを理解していたら、
もっと自分の子ども達を幸せにしてあげられたのかもしれないと悔やまれます。

だからこそ、これを多くの方に伝えたい。

私のカウンセリングを繰り返しお受けいただく中で身に着けていかれる方が多いです。
自分の身に起こる人間関係の悩みも、
自他の境界を理解していれば、すぐに揺れた心を元に戻せます。

ご希望があれば、子育てとメンタルケアの基本についてのセミナー・講演もお受けいたします。

私の痛みを誰かの希望に変えたいと思って、
祈るような気持ちで、この記事を書いています。

どうか、これからの時代を生きる人たちが、
少しでも光へ向かえますように。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | メンタルヘルス | コメント:0
∧top | under∨
<<たまにはレシピ♪―簡単混ぜ込みチラシ寿司 | 「私の中の森」 | 相棒となるパワーストーンブレス >>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |