「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

甘い物中毒・砂糖中毒チェックテスト付き!―砂糖中毒へのホリスティック医療ケア

アップルタルト

↑フード(風土)ヒーリングレシピの砂糖なしであま~いアップルタルトです♪


以前「食の禁断症状克服法」と言う記事を書かせていただいて、
「砂糖中毒は別なので、改めて記事を書きます」
と、書いたきりでした(^^;)

「食の禁断症状克服法」では色々お伝えしましたが、
甘いもの中毒は別格扱いで記事を書かせていただきます。

何故なら、砂糖は麻薬より中毒性が高いと言われているからです。
一般的に砂糖中毒又は砂糖依存症と言われます。
甘い物とは上白糖をはじめとし、メープルシロップ、甜菜糖、キビ糖、蜂蜜、果物なども含まれます。


甘いものはお好きですか?
私は以前は大好きでした。
毎日チョコ板1枚くらいに、更に甘いパンやお菓子、甘い飲み物などをとっていました。
料理にも砂糖たっぷり!(^^;)

今ではさほど必要なくなりました。

メンタルコンサルティングTerraでお勧めしている食事法、
フード(風土)ヒーリングでは動物性食品と砂糖類を極力取らないようにお伝えさせていただきます。
その他には化学調味料や人工甘味料などもそうです。
(どうしても必要な場合は甜菜糖をお勧めしています)

それぞれにはきちんとした理由があります。
詳しくお知りになりたい方は是非久恵先生の食事相談をお受けください。

砂糖中毒は西洋医学系の研究でもたくさんのデータが示されているので、
是非ご自分でネット検索して調べてみてください。


私は他の方には書けないであろうホリスティックな対処法についてお伝えいたします。
まずは甘いもの中毒の症状などについてです。


************
甘いもの中毒の症状、禁断症状、原因など


下記の症状を見ていただければ判ると思いますが、
うつ病や不安神経症など精神疾患の症状に似ています。
おそらく、甘いもの中毒を精神疾患と診断されている方が沢山いらっしゃると予想しています。



↓以下の症状を砂糖中毒チェックテストとしてお使いください。
半数以上あれば砂糖中毒の可能性があります。
それに満たなくても、生活に支障が出ていれば、立派に病気です。

【症状】
・イライラ
・頭痛
・疲れやすい、体力がない、常に疲れている
・低血糖(自覚症状が無い場合も多い)
・気力低下
・眠気
・集中力低下
・物忘れ
・不安
・筋肉痛
・甘いものに対する異常な欲求
・動物性食品(特に肉)に対する異常な欲求
・異常な空腹感
・思考が続かない
・朝起きられない、遅刻が多い
・ごはんを食べると眠くなる
・冷え性、便秘、偏頭痛、耳鳴り、肩こりなどがある
・貧血気味、めまいが起きやすい
・顔や足のむくみがひどい
・呼吸が浅い
・興奮したり落ち込んだり、気持ちが安定しない
・緊張しやすい
・空腹時以外も食べたくなる

【禁断症状】
寒がり、攻撃的な発言、体のダルさ、大量の汗、動悸、空腹感、頭痛、イライラなど

【甘いもの中毒、砂糖中毒の段階】
1、 甘いものを食べる量が増える
2、 食べないと禁断症状が現れる
3、 衝動的に甘いものを食べずにはいられない
(この段階は麻薬はじめ全ての依存症状に共通しています)

【砂糖の過剰摂取によってなる可能性のある疾患】
うつ病、不安症他精神疾患、アルツハイマー、肥満、糖尿病、動脈硬化、腎臓病、肝障害、骨粗鬆症、白髪など

【原因】
砂糖他甘味料を含む食品のとりすぎ
・・・と、ネット上の情報にはありますが、ポイントは、
「何故、砂糖類を欲しくなるのか?」です。


**************

今回は甘いもの・砂糖中毒の症状や原因として考えられるものについてお伝えいたしました。


これを読んで、
「今日からもう絶対に甘いものを食べない!」
と、極端な行動をとらないでくださいね。


また、
「甘いものは絶対に食べちゃダメなの?」
と、絶望的になる必要もありません。


原因、身体・心・魂の仕組みを知れば、
多少食べても大丈夫になります。

この多少が難しいんですけどね(^^ゞ


こう考えてください。

毎日何度も甘いものを料理や飲み物や間食で食べ放題食べているのと、

節制して必要最低限食べれば満足できるようになるのとではずいぶん違うという事です。


「必要最低限」で収まらないのが「中毒」です。
中毒状態を脱しましょう。

それって、病気ですから。
病気なのだから、治しましょう。

勿論、治さないままと言う選択も「あり」だと思います。
食べ放題甘いものを食べるのも。
ご自分の人生ですから。

次回は必要最低限で収まるようになるためのホリスティック医療ケアについて書かせていただきます。

次回までにご自分はどうなさりたいのかよく考えておいてくださいね。

ちなみに私は「甘いもの中毒」から抜け出して、自由に健康に楽になりました。
勿論、痩せて、スタイルが良くなり、若返りました。
(砂糖を含む食品を取ると、次の日顔にしわが寄り、筋肉が下がって老け顔になります。
それくらい、砂糖って老化させるものです)

「死ななきゃ治らない」と思っていたイライラもなくなりましたよ。


では、次回まで少々お待ちくださいませ。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

別窓 | | コメント:1
∧top | under∨
<<甘い物中毒へのホリスティック医療ケア―対処法編 | 「私の中の森」 | 2016年4、5、6月のカードリーディングー「自分を愛する」>>

この記事のコメント:

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-08-02 Tue 22:32 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |