「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

インナーチャイルド・アダルトチルドレンと「時、場、人」―なんでもインチャ・ACのせいにするカウンセラー・セラピストからは離れましょう

今回はアダルトチルドレン、インナーチャイルド、愛着障害についての記事です。
これらはカウンセリングでは取り上げられがちな内容ですが、
今回の記事はそれとは多分ちょっと違います。

これらの件に関し、
カウンセラー、セラピストなどから、
不適切な対応をされたためにかえって問題をこじらせている人が多いので取り上げてみました。


**********
心をレイプされる


はっきり言えば、アダルトチルドレン(AC)やインナーチャイルド(以下インチャ)を抱えていない人なんていません。
育つ過程で全く傷を受けない人なんていないからです。

どんな物事にも、文句をつけようと思えばつけられます。

人が苦しみや生きにくさを抱えた時、
最近は何でもAC・インチャのせいにするカウンセラーやセラピストが増えています。

それは、カウンセリングの中で問題の根本を見つけられないからでしょう。
AC・インチャのせいにすれば確実です。
上記のようにこれがない人なんていないからです。

それにも関わらず、「それはインチャの問題だから、解決しなきゃダメ!」と、
半ば強制するカウンセラーやセラピストも多いのです。


そういう方たちは、
人の心がどういうものか、全くわかっていないし、
自他の境界というものが全く形成されていない
と言えるでしょう。

人のご相談を受ける前に、自分を何とかしたほうが良い人たちだと私は思います。

人が癒されるのには、
時=様々な経験を重ねたうえで訪れる癒されるタイミング
場=学校職場夫婦親子など、その関係性の中でしか学べないという場
人=その人に会うまではどんなに掘り下げても癒せないという誰か
が、必要です。

AC・インチャの問題を解決するには大変な痛みを伴います。
それは、この問題に真剣に向き合った人にしかわからないでしょう。
血を流す思いです。

私はうつ病、対人恐怖症を克服する時にACに取り組みましたが、
本を1ページ読むごとに本を投げ出し、号泣していました。

それくらい辛いものですから、
本人が本気で取り組もうという覚悟が必要です。
それができるまでは「時」を待つ必要があります。

それにもかかわらず、
短絡的にAC・インチャを癒せば問題は解決するとばかりに、
無理やりそれらに取り組ませようとすることは、
開いていない心をこじ開けるような行為で、
心をレイプするようなものです。


その人にはその人のタイミングがあります。
それを待たずに自他の境界線を踏み越え、
インチャ癒しを強要することは絶対にしてはいけない行為です。

…とはいえ、「必要だから」「親切心」のつもりで強要しているという自覚もない人が多いようです。

もし、そういうカウンセラー達やおせっかいな人に行き当たったら、
はっきりと「今はしたくないから」と断りましょう。

相手が自他の境界を乗り越えて来ても、
自分がはっきりと境界線への侵入を拒めばいいのです。


そして、そういう人からは離れることをお勧めいたします。


**********
Terraでの対応


私のご相談は、
初回は90分でお受けし、詳しく全体像をお伺いして、
抱える問題の根本が身体、心、魂=生まれつきの性質のどこにあるか分析します。

AC・インチャに関しては、
ACやインチャが多少あっても問題ない場合、
それらをある程度自分で解決できている場合、
それらに触れる事も出来ないくらい深い傷となっている場合など色々あります。

特にAC・インチャの問題は丁寧に扱う必要があります。
中には親の事を尋ねても、年齢や職業を話しただけで触れられたくない様子の方もいらっしゃいます。

その場合はクライアント様ご本人がお話したくなるまで知らんふりをして待ちます。
そのまま他のカウンセラーやセラピストの元へ行かれたら、
それはそれでいいと思っています。
中には問題の本質をみず、解決したくない方もいらっしゃるからです。
また、私と相性が合わないと思ったら、それでいいのです。

ご自分の人生の選択はご自分でしていいからです。

私にできるのは「この人になら話してもいい」と思ってもらえる人物であろうとする事だけです。


***********
AC・インチャでモンスター化する人達


冒頭でお伝えしたカウンセラーやセラピストによる被害で一番大きいのがこのモンスター化です。

「あなたの苦しみの原因は母親or父親にある。
だから親が変わればあなたの苦しみはなくなる」

そういうカウンセラーやセラピスト、ヒーラーによって思い違いをさせられてしまうと、
「私が苦しんでいるのはあんたのせいなのよ!!」と、親を攻めまくる人がいます。
特に大人の引きこもりや精神疾患の方に多いです。

親御さんは問題を何とかしたいと思い、必死に変わる努力をします。
けれど、状態はどんどん悪化していきます。

はっきり言います。

これらは全て間違っています。
何故なら、
「自分を変えられるのは自分だけ。
自分の人生の責任は自分にある」

からです。
例え、未成年でも。

もし、これをお読みの未成年の方がいらっしゃって、
親御さんの問題で苦しんでいるなら、責めている暇があれば、
大人になるまでにそこから脱出する方法を本気で考えましょう。

そういうカウンセラー達はこの基本を全く知らない・理解できていないか、
知っていて知らんふりをしているのでしょう。

例えば「問題が解決しない方が自分が儲かる」場合などが考えられます。

抱える問題に加え、親子間の争いという問題が増えれば、
解決は余計に難しくなります。

中には最初に数か月分のカウンセリング料ン十万円を前払いさせるカウンセラーもいるそうです。


**********
自分を本気で助ける


例えどんなにひどい親だとしても、
善良だけれど子どもより自分の方が大事な親だとしても、

そうなるにはそうなるなりの理由があります。

その人の元に生まれた意味が必ずあります。

良い悪いに裁かず、その意味を考えましょう。
(=裁く心の解放)

そして、誰かのせいにせず、
(これはいじめによるトラウマなど全てに当てはまります)

本気で自分で自分を助けましょう。

思うだけではなく、
自分を助ける行動をとりましょう。

自分の人生の責任を自分でとりましょう。

過去はもうやり直せないから、
ここから先をしっかり選んで生きて行きましょう。

(=グラウディング)

もし、その方法が判らないなら、
かつて同じ道を通った私でよろしければ道案内させていただきます。

その覚悟が出来たら、いつでもご連絡ください。
わたもりのページ


最後に一つお伝えいたします。
その苦しみは
後生大事に抱え続けているご自分に責任があるという事だけはどうか忘れないでくださいませ。


にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | アダルトチルドレン | コメント:0
∧top | under∨
<<ダメな人はダメな人のままで平気なわけじゃ無い | 「私の中の森」 | 手作り柔軟剤とEM発酵液>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |