「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

HSPで過敏なのにニブイ人=自己憐憫型人間?

過敏なのにニブイってどういうこと?って思うかもしれません。
HSPは過敏な性質ですが、色々なタイプがいるのですよ。

簡単に説明すると、
自分の痛みには過敏だけれど、
他者の痛みにはニブイ人の事です。


簡単に言うと、思いやりがない人です。

思いやりがない人は非HSPにもいますが、
HSPが加わることによって質が悪くなっちゃっています(^^;)

詳しくはWeb雑誌Trinityに記事を書きました。
「HSP・過敏なのにニブイ人―わたもりのHSP講座」

過敏でニブイ人の特徴についてはそちらをお読みいただけたらと思います。


この記事は以前から書こうと思っていたのですが、躊躇しておりました。

きっと「グサッ!」っとくる人もいるだろうし。

それでも、この「過敏なのにニブイ人」に困っている方も多く、
また、Trinity記事中にもありますが、
本当は当事者が一番困ると思うので、
思い切って書かせていただきました。

それと同時に以前から書かなきゃ~と思っていて書いていなかった
「自己憐憫型人間」についての記事。

以前、
「異常なのは精神に異常をきたす人じゃなく、そこへ追い込む人だと思う件について 1」
と言う記事で登場した自己憐憫型人間。

これ、実はかなり反響ありました。

「自分がそうじゃないかと思って」
とご心配なさる方も多く、

そういう方は大抵違うのですが(笑)

過敏なのにニブイ人は自己憐憫型人間にも通じるのですね。
必ずしもイコールではないのですが。
どちらもHSPであってもなくても鈍いのです。

自分以外の人の痛みには。


*************
自己憐憫型人間とは?


自己憐憫とは、「自分で自分を可哀想だと思う事」です。

けれど、ここでいう自己憐憫型人間はただそれだけじゃなく、
自分が可哀想だから、
自分を辛い目に合わせた人には何をしてもいいという発想を持っていて
人を攻撃し、陥れ、他者を追い込む人
の事です。

自己憐憫型人間は、裁く心が強いのも特徴の一つです。
ただし、自分以外の人を裁き、自分は悪くないと思っています。
(一応口では「悪いとは思っているけど・・・」とは言います)

過去の事をいつまでもグジグジ言うのでグラウディングも出来ていません。

自分の幸せは人が与えてくれて当然と思っているので、
そうしてくれない相手=悪者となります。
・・・・ある意味センタリング出来ているのか?
「人に幸せにしてもらおう」って。

・・・いやいやいや(-_-;)、人のセンタリングに寄生しようとしています。

だから、自他の境界が全くありません


自分の抱える問題の原因を他者の中に探すので、
「○○が変わってくれれば私は幸せになれるのに!」
と、自分の不幸を他者のせいにしています。

ここをいつもお読みくださっている方ならお分かりだと思いますが、
変えられるのは自分だけ。
他者は変えられない。
自分が辛いなら、人はどうでも良いから、
自分を変えるしかない。

けれど、自己憐憫型の人は、
自分の弱点は見たくないし、認めたくないので、他者ばかり見ています。

なので、いつまでも問題が解決しないし、幸せにもなれません。

自分を顧みて反省するという事が出来ないのですね。
だから、人間的成長もありません。

故に、人生もうまく行かないのです。
自分を可哀想だと思っているんだから、
一生可哀想なままで当たり前と言えば当たり前ですね。


************
過敏なのにニブイ人と自己憐憫型人間の違い&共通点


自己憐憫型人間はとにかく自分の事にしか興味ないし、
自分の事しか考えないし、
自分を基準にしか考えないし、
自分しか見えていないのです。

自分が人からどう見られているかは、気にしているようで気にしていません。

自分がどう思うかだけが大事なので。
倫理観とか、常識とかどうでも良いのです。
自分=ルールです。

ましてや思いやりなどと言うと、
周囲が思いやりを持たない事には猛烈批判はしても、
自分が無いなんて思っていないし、「そんなの偽善でしょ」と平気で言えます。

自分の都合の良い妄想を繰り返し口にするうちに、その人の中では事実になってしまっています。
他の人との関係性を考えられれば違うと判るはずですが、
そこは興味の範囲外なので、自分がおかしいって判らないのです。

ストーカーになりやすいのがこのタイプです。



一方、過敏なのにニブイ人は、周囲の事もちゃんと見ています。
HSPなので過敏に人の気持ちや、
周囲の状況、表情、人間関係相関図なども瞬時に判断し、
その上で、
「いかに自分の都合の良いようにするか?」だけが大事です。

自分の傷には敏感で、他者の傷はどうでも良いけれど、
自分が人から良く見られるためにはどう振る舞ったらいいか?は、
瞬時に判断してうまく振舞います。
自分を良く見せるためのウソも平気でつきます。
嘘八百を並べ、もっともらしい批判・非難が大得意です。

計算高いのが過敏なのにニブイ人です。
良い面しか見せていない人にはいい人だと思われるかもしれません。
なので人生それなりにうまくやっていくでしょう。
誰からも本当の意味で愛されはしないかもしれませんが。

逆に共通点は、
思いやりがない
自分だけが大事
自分の幸せの為なら、人を蹴落としても平気


どちらも自他の境界が無いのですが、
自己憐憫型人間は「自分の世界しかない」
過敏なのにニブイ人は「自分=他者も含む世界全て」

と言う違いがあります。

**************
自己憐憫して過敏だとしても・・・


大変な人生だったので自己憐憫はするけれど、
そういう自分に罪悪感を持ち、
自分を責め、何とか変わろうとする方は、
自己憐憫型人間とは違います。


過敏・HSPだとしても、過敏さを人を操る事には使えません。

そんな器用さ、姑息さがあるなら、
人に傷つけられ、翻弄されたりしないからです。

自己憐憫型人間や過敏なのにニブイ人は
周囲の人を振り回す方です。


なので善良な皆様、
自分を「自己憐憫型人間だ!or過敏でニブイ人だ!」と思い込んで
むやみに落ち込む必要はありません。


さて、問題です。

これを読んで
カチーン!!と来る人は何でしょう?

落ち込む人は何でしょう?

私はひどい事をされたからこうなったのよ!
と、言える人は何でしょう?

自分はそんなひどいことしていないじゃない。
と、言える人は何でしょう?

・・・それぞれお考えください。

長くなりましたので、
続きは次回に。

自己憐憫型人間にも色々います。
次回はどんなタイプがいるか見てみましょう。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

別窓 | HSP | コメント:4
∧top | under∨
<<あなたの周囲にもこんな「嫌な人」いませんか?―自己憐憫型人間の分類 | 「私の中の森」 | 人間関係がうまく行かないとか、気持ちの切り替えが下手な人に―かめわざのススメ>>

この記事のコメント:

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-12-07 Wed 12:40 | | #[ 内容変更] | top↑
名無し様

コメントに気が付いていませんでした。
通知メールも他のメールに埋もれてしまっていたようです。
大変申し訳ありませんでした。

一辺には無理ですので、少しずつ、ですね。
何かのきっかけになればと思っています。

ありがとうございました。
2016-12-13 Tue 23:30 | URL | わたもり #-[ 内容変更] | top↑
わたもりさま

はじめまして、piyosukeと申します。

他の記事もよく読ませてもらっています。
HSPとして先を歩かれているわたもりさまの話は、まだ私には難しいと思えることも多く、足踏みをしている状態です。

今回の記事は、自分にも当てはまるかもしれないとビクッとしました。
自分に余裕がなくて、人の気持ちに気づかず、心の中でなじったり蔑んだり、嫌な人間だと思います。
他人になんとかしてほしいとは思わないけれど(おっしゃっている通り、自分で変えていくしかないから)、
どうにも動きが取れずに、世の中を恨むこともあります。

いろんな情報を取り入れすぎて、何がしたいのか、何を求めてるのかごっちゃになってしまったりもしょっちゅうです。

そのくせ、人に何か言われると、ハリネズミのように自分を守ることに必死で、
それが自分を痛める言葉なのか、鍛える言葉なのかを精査することもできなくなっています。
とにかく痛い、と感じるだけです。

すみません、長々と話してしまいました。
今回の記事でのタイプは、「自己愛性パーソナリティ障害」というものによく似ているなぁと感じました。
側に行きたいと思えないタイプです。。

自分の中に落とし込んで、自他の境界をしっかりつけられるよう、やっていかないとな、と思わせられました。
ありがとうございます。
2016-12-26 Mon 10:40 | URL | piyosuke #-[ 内容変更] | top↑
piyosuke様

コメントありがとうございます。
いつもお読みいただいているとのこと、感謝いたします。

> 今回の記事は、自分にも当てはまるかもしれないとビクッとしました。
> 自分に余裕がなくて、人の気持ちに気づかず、心の中でなじったり蔑んだり、嫌な人間だと思います。
> 他人になんとかしてほしいとは思わないけれど(おっしゃっている通り、自分で変えていくしかないから)、
> どうにも動きが取れずに、世の中を恨むこともあります。

ご自分でそうかも、と、思う方は大丈夫ですよ。
自己憐憫になる方は、ご自分を振り返ることが出来ない方ですから。

HSPにはHSPの生き方があり、
それを知らないうちは身動きが取れなくて当たり前かと思います。
私もそうでしたから。

> そのくせ、人に何か言われると、ハリネズミのように自分を守ることに必死で、
> それが自分を痛める言葉なのか、鍛える言葉なのかを精査することもできなくなっています。
> とにかく痛い、と感じるだけです。

それには自他の境界を身に着けることをお勧めいたします。
揺れても戻せる自分になると楽ですよ♪

> すみません、長々と話してしまいました。
> 今回の記事でのタイプは、「自己愛性パーソナリティ障害」というものによく似ているなぁと感じました。
> 側に行きたいと思えないタイプです。。

そうですね。
パーソナリティ障害の方は長くお付き合いしていると、
症状が時々変わり、分類に意味があるのかな~?と思う事もあります。
自己憐憫型人間も、その時々で変わりますし。
私のはパッと見ただけで特徴が判るようにつけた名前です。

こちらこそ、ありがとうございました(*^^*)
2016-12-27 Tue 22:38 | URL | わたもり #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |