「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

【対処法編】発達障害、解離性障害、HSP、パニック、フリーズ、トラウマと脳とフラメンコ

今回はフラメンコと言う新しい事をはじめた途端、
発達障害、HSP等からパニックやフリーズ、解離した私が、
どうやって症状を克服したか?について書きます。

前回はそれらの症状がどうして起こるか?と言う解説を書きました。
そして、乗り越える時の心構えも←ここ大事!

まだお読みでない方は前回の記事からお読みください。

【症状解説編】発達障害、解離性障害、HSP、パニック、フリーズ、トラウマと脳とフラメンコ


**************
まず、脳に言い聞かせる

フリーズ、パニック、解離しかけた時、
私がどうしたかと言うと、

「大丈夫!出来る!絶対!」
と、言葉にして言いました。

(人前では小声で)

脳は馬鹿だから、
ネガティブな言葉を口にして、
それを自分の耳が聞くと、
それが思い込みでも、
嘘でも、心配しているだけでも、
「本当だ」と勘違いして、
本当に出来なくなるからです。


「駄目だ、出来ない」と口にした途端、
身体が余計にきゅっと硬くなり、
更に動けなくなります。


これは以前記事でご紹介したかめおかゆみこさんに教えてもらった事の応用です。
人間関係がうまく行かないとか、気持ちの切り替えが下手な人に―かめわざのススメ

HSPが疲れやすい理由―ゆるびじょんワークのススメ

だから、上手くできなかったら、身体をほぐすようにします。
肩を上げ下げ、腰を回したり揺らしたり、深呼吸などをします。


**********
自分から逃げない

次に、心の中で自分に「逃げるな!」と言いました。

出来ないことを発達障害やHSP、トラウマのせいにしても、
何の解決にもならない
からです。

それは、自分に言い訳の余地を作り、
それに甘え、やろうとしなくなり、
自分の足を引っ張るだけ
だと判っていたからこそ、

私は今まで色々な事が出来なくても、
どんなに困っても、時間がかかっても
自分なりに解決方法を見つけて何とかしてきたからです。

発達障害やHSP、トラウマのせいじゃなく、
自分の心の問題=自分の弱さやずるさの問題だからです。

(未成年者は両親の問題です)

だから、先生にも先輩達にも、
発達障害やHSPなどの事は一切言っていません。

上手くできないことを説明する時も、
発達障害やHSPを口にする事は一切ありません。


***********
融けて行くトラウマ

フラメンコを始めたのは2016年5月。
自分を攻撃する人がほとんどいなくなり、
私を理解していなくても味方してくれる人が周囲にいるようになってからです。

更に
「自分がどうしたいか?が大事」だと、
自分の芯=センタリングを大事に出来るようになっていました。

最初は新しい人間関係にドキドキしすぎて、
・・・・恥ずかしい話ですが、
まともに先輩たちに挨拶をすることも出来ませんでした。

でも、段々と、皆さんが、本当にいい人達だと判ってきました。

気をつかうとか、労わるとかじゃなく、
本当に普通に、それでいて嫌味なく、
結果的に親切で優しい対応をしてくださったのです。

だから、
「ああ、ここは大丈夫だ。
私は新しい人間関係を得ても、
もう、前の様に嫌な人に出会わなくなってきているんだ」

と、判ってきました。
(フード(風土)ヒーリング&アチューメント&自分を大切にする、の効果)


*********
自分の特徴を理解して対策を立てる

今は初心者が次に習うファンダンゴと言う曲種を習っていますが、
見ただけで何とかマネできるようになっています。

繰り返し練習したことで、
目も、耳も、身体も、脳も、フラメンコに慣れてきた
からだと思います。

それでも、難しくなってくると全く判りません。
とくに、サパテアート(足を踏み鳴らす)は段々と難しくなります。

1カウントにいくつも音が入るようになります。

例:1カウントに4つの音
1/4で左ゴルペ(足裏全体で音を出す)
2/4で右タコン(かかとだけで音を出す)
3/4で右プランタ(つま先で音を出す)
4/4で右タコン(この時左足をあげる)


上級者クラスに混ぜて貰ってソレア・ポル・ブレリアを教えていただいていますが、
いや、もう、ほんとにサッパリ判らない。

最初の半年くらいは練習中に立ち尽くして動けなくなる事も何度もありました。
動画を取らせてもらっても、それでもサッパリ理解できない。

そこで、私は動きを全てバラバラに分解して、ノートに書くようにしました。

前回の【症状編】に書きましたが、
私は目からの情報なら理解しやすくなるからです。
(つまり、自分の特徴を理解していると言う事です)

でも、頭で理解できても、動けなきゃ意味がありませんから、
とにかく身体がその動きに慣れるまで何度も練習します。


**********
脳はバカ

頭で理解できても、ADD脳は直ぐにどうだったか忘れちゃいます。
なので、繰り返し反芻します。

最近は温泉に入っている時などにフラメンコの振りをイメージトレーニングしています。
「瞑想する暇があったら、フラメンコ」です。

更に、理解して覚えても、
身体はその通りに動きません。

目で見た情報を処理する部位、
耳で聞いた情報を処理する部位、
理解する、
覚える、
情報を取り出して、
神経伝達して、
身体の各部位に命令を出して、
実際に動かす脳の部位は、
どれも違うからです。

この神経伝達に障害があるのが発達障害だと、
十勝むつみのクリニックの長沼睦雄医師に教えていただきました。
(長沼睦雄医師は、元脳外科、神経内科の医師でした)

そうなる要素として
・神経を阻害する物質を身体に取り込む
・ストレス
・血流障害
・老化

等があるそうです。

長沼医師によると、
「『発達」がスムーズじゃないだけで、
ある日、何かのきっかけで急に出来るようになる事もある」

との事。

なので、自分の身体に何度も教え込みます。
出来るようになるまで。


**********
揺れない心、動ける身体

この時、出来ない自分や発達障害やHSP等に憤ったり、
心を揺らしていては、邪魔にしかなりませんから、
揺れない心を保つ必要があります。

これには自他の境界(センタリング、グラウディング、裁く心の解放)を身に着けます。


動ける身体になって無いと動けませんから、
身体を整えておきます。

これにはヨガやストレッチ、少しずつでも筋トレをします。
筋トレは骨盤回しや、かかとの上げ下げ、きちんとした姿勢で立つ、などです。


*********

私の好きな衣装屋さんです。




以前写真であげた衣装はイベリアから購入したものです。

衣装を着て踊ると、下手でも気分が上がり、楽しくなります。
楽しいって、ほんとう~~に大事です。

次回はカクテルパーティ効果や目の過敏さなどについて書きます。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事

別窓 | 発達・解離・HSPその他とフラメンコ | コメント:0
∧top | under∨
<<発達障害の脳と油、カクテルパーティ効果、視覚過敏(HSP)とフラメンコ | 「私の中の森」 | 【症状解説編】発達障害、解離性障害、HSP、パニック、フリーズ、トラウマと脳とフラメンコ>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |