FC2ブログ

「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

西洋医学が必要な時―病気・治癒・医療方法とは?

西洋医学を批判・否定・暴露する本は、
理解しない人を馬鹿にしたり、
攻撃的な表現で書かれている物が多く、

センタリングが無い人や、
気の弱い人は、
無意識のうちに
「馬鹿にされたくない」
「攻撃されたくない」
となるからか、

西洋医学や書かれている内容がどういうものかを
自分で良く調べもせず
「西洋医学は根本治療にならないからダメ!!」
「薬は身体に悪い!」「飲んじゃダメ!」
とお思いの方が多いようです。

私から見ると、
西洋医学信者も、
西洋医学否定信者も、
どっちも同じに見えます。


むやみに西洋医学を否定するのがホリスティックな考え方ではありません。

私の医療方法に対する考え方です。
「全ての医療方法は、
人を、そして、病気を治療したいという尊い思いから生まれたもので、
それぞれの長所・短所を理解したうえで、
適切な治療方法を選んだ方が良い」

これは開店以前からそうお伝えしています。

病気とはどういうものか?
治療とはどういうものか?
健康とはどんな状態か?
各医療方法の治療の方向性
各医療方法の特徴
得意・不得意な治療

それらを理解せずに、
本を書いた人をマネして否定している人が多すぎます。

私は西洋医学も必要な時があると思っているので、
改めて「病気とは?治療とは?」と言う、
ホリスティック医療ケアの基本からお伝えしたいと思います。


***********
病気と治癒

病気とは?
本来の身体、心、魂にそぐわない、
食べ物、考え方、霊現象など、
不必要な物が入り込んだ状態の時に、
それを外へ出そうとして起こるものです。

治癒とは?
身体・心・魂から不要なものを出す時には、
一般的に「病気」と言われる症状が起こります。


喉や肺ならのどの痛みや咳
悪い物を食べたら下痢や嘔吐
ネガティブな思いや我慢し過ぎで精神疾患
霊障で原因不明の症状
等々


治療によりこれらの症状が出て、
一見悪化したように見える事を、
「好転反応」
と言います。

それらが出きると症状が治まり、
本来の健康体に戻れます。
ただし、親より上の世代から受け継いだ症状があるので、
完全に何もない状態で生まれてくる人はほぼいません。
「その人なりの健康な状態」に戻ります。


********
治療の方向性

身体・心・魂の余計なものを取り除くのが「治癒」なので、
その「治癒の方向性=外に出す」と、
同じ方向性の医療方法
と、
逆の方向性の医療方法
が、あります。

同じ方向性の代表的な物としては、
ホメオパシーがあります。
開店以前に私が書いたホメオパシーガイドをご参照ください。
(わたもり個人HP「私の中の森の本棚」に掲載)

逆の方向性の代表的な物として、
西洋医学があります。
開店以前に私が書いた西洋医学ガイドをご参照ください。
(わたもり個人HP「私の中の森の本棚」に掲載)

治癒を促進も、止めもする治療法として、
東洋医学があります。
東洋医学も発症した地域によって様々な治療法があり、
総称して東洋医学と言います。
開店後に私が書いた東洋医学ガイドをご参照ください。
(わたもり個人HP「私の中の森の本棚」に掲載)


これらは本やインターネットで調べれば掲載されている内容です。
難しい講座などで勉強したわけじゃありません。
素人でも、調べればこれくらい、誰でもわかるのです。

それを、知ろうとするか?どうかです。


***********
医療方法以前に

上記医療方法ガイドに書いた文章です。

「健康の基本
人は体に害の少ない良い食べ物と水分を取り、そこから栄養を吸収し、
それを体中に滞りなくめぐらせ、不必要なものを排泄することで健康を保つことができます。
もちろん適度な休息も必要ですし、適度な運動も必要です。
精神と魂も同じです。
その人本来の姿をゆがませるような心の在り方は自分を苦しめるだけです。
普段健康に悪い生活をしているのに、
病気になったら医療機関で治療して『なかったこと』にはできないのです」


どんな医療方法を選ぼうが、
これを理解していないなら、
何にも分かっていないのと一緒です。


西洋医学を批判するなら、
きちんと人間や西洋医学について調べてからにしましょう。

ちゃんと調べたら、批判だけなんて出来ないはずです。


**********
私の西洋医学への考え方

西洋医学は治癒と反対の方向性を持つ治療法です。

それが必要になるのは、
「症状を無理やりにでも止めないといけない時」です。

自然治癒力に任せるには、
基礎体力が必要になります。

ずっと食事や生活に気をつけてきた人ならともかく、
ずっと野放図な生活をしてきて、
いきなり自然治癒力に頼るのは、
無茶が過ぎます。


フード(風土)ヒーリングは好転反応が起こる食事方法です。
ホメオパシーや東洋医学でも、
流輝先生のアチューメントでも好転反応が起こります。
(ちなみに流輝先生のアチューメントは、前世の傷も修復します)

時々好転反応が強く出過ぎる方がいます。
それは体力が無く、
内臓も自然治癒力も弱っていて、
スッと素早く出せないからです。

そうなると、
「無理にでも止めなきゃいけない状態」です。
良く判らないのにも関わらず
「西洋医学は良くない」と、四の五の言わず、
素直に西洋医学の治療を受けましょう。

落ち着いたら、
基礎体力を取り戻すところから
少しずつホリスティック医療ケアを再開しましょう。


因みにフード(風土)ヒーリングでは
「西洋医学薬をなるべく取らない方が良い」とお伝えしますが、
それは、
フード(風土)ヒーリングが
陰陽バランスの取れた中庸を目指す食事法で、
極陰性の西洋医学薬を取り続けると中庸に戻すのが難しくなる
からです。
ちゃんとした理論があるのです。


自分が毒となるものを取り続けた年数を思えば、
そうそうすぐに良くなる訳が無い
と覚悟して、
ホリスティックにご自分を見て、

本来の健康で幸せな姿に戻って行っていただけたらと思います。


メンタルコンサルティングTerraの基本情報
メンタルコンサルティングTerraのHP
メンタルコンサルティングTerraの最新情報
メンタルコンサルティングTerraのFacebook

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事

別窓 | ホリスティック医療 | コメント:0
∧top | under∨
<<「誰かのために生きる=共依存」と言う毒【改訂版】 | 「私の中の森」 | 独立開業してうまくいく人、いかない人>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |