FC2ブログ

「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

新型コロナウイルスへのホリスティック医療ケア

まずは落ち着きましょう。
TVやネットの情報にあおられて、
必要以上に不安になっていませんか?

何とかしなきゃ!と焦る気持ちになっていませんか?

その不安感がうっぷんや怒りを生み、
政府や役人、報道機関への攻撃的な感情になっていませんか?

自分を見失っていては必要な対処も出来ません。
まずは落ち着きましょう。

今回は気になっている方も多いであろう新型肺炎コロナウイルスに関し、
私からの情報シェアと言う意味でお伝えいたします。
あくまで一つの情報としてお読みください。

***********
何故病気になるのか?

病気は身体に入った不必要なものを排泄させるためにあります。

喉や肺に入れば咳や喉の痛み。
鼻に入れば鼻水。
お腹に入れば下痢や嘔吐。
身体中に散らばれば熱を出して菌を退治する。


つまり、身体の毒出しをするために起こります。

毒をすっきり出すことが出来れば、
健康体に戻ることが出来ます。


*********
新型コロナウイルスの症状

報道では肝心な情報が伝えられていませんが、
コロナウイルスの症状についても情報が少ないようです。

新型肺炎コロナウイルスの症状

主だったもの
発熱や咳、息苦しさ、呼吸困難などの呼吸器の症状

初期症状
下痢、吐き気などの消化器系の異常、頭痛、一部のケースでは動悸、胸の圧迫感など

重症化した場合
肺炎、腎臓の機能が低下、死亡


東洋医学では肺は大腸と関連する臓器と考えます。
「肺炎」になりやすいとすれば、
日頃から消化に悪い肉魚を大量に食べて腸に負担がかかっていると、
肺にも負担がかかっていると考えられます。

大腸や肺の排泄力が弱っていると毒が溜まりやすく、
排泄の為に病気にかかりやすいと東洋医学の理論上では考えられます。

********
治療方法について

西洋医学は基本的には出ている症状を抑える方向性の治療方法です。
なのでウイルスも排泄した方が良いものも身体の中に残ります。

それ以外の治療方法は基本的には、
日頃から免疫力を強くするよう心掛け、
毒を外へ出す方向性の治療方法です。

医療方法ではありませんが、
当店の食事法フード(風土)ヒーリングもこちら側です。

どちらを選ぶかは人それぞれです。
その選択も自分の責任として、選びましょう。

日頃から西洋医学以外を選び、ある程度学び、
身体を整えている方は西洋医学以外でも良いかもしれませんが、
自然療法などについてよく理解していないのに、
「西洋医学は良くない!」
「病院へ行ったらうつされるから!」
と、感情的になって西洋医学以外を選ぶのはお勧めいたしません。

中途半端な自然派が、一番タチが悪いと、私は個人的に思っています。

**********
情報として

・スペイン風邪=インフルエンザパンデミック(1918、1919年)の流行時のデータです。
西洋医学治療の生存率 72%
ホメオパシー治療時の生存率 99%

・ホメオパシーによる予防
インドのAYUSH省(日本の厚労省にあたる)が新型コロナウイルス(nCoV)感染予防に
ホメオパシーレメディーを推奨したそうです。

・AYASH省推奨の感染予防
アーセニカム(Ars.)30Cを3日間、空腹時にとる。
周囲で蔓延している場合は、1カ月後に再度繰り返す。

・ホメオパシージャパン社から発売されたコロナウイルス対策
MT)サポートφCorona
ハーブ酒にホメオパシーのレメディが入っています。
水に薄めて取ります。
500mlに5~20滴程ならアルコール濃度の心配はありませんし、充分に作用します。
新型コロナウイルス以外にも高熱が出るタイプの風邪やインフルエンザにも使えるそうです。

それ以外にも症状を良く把握し、本で調べてレメディを取る事も必要です。
が、具合の悪い時は難しいので、ご家族全体で日頃からレメディを使えると良いですね。

・フード(風土)ヒーリング的予防
日頃からフード(風土)ヒーリングを実践する
日頃から食べ過ぎない

・フード(風土)ヒーリング的対策
体調が悪くなりそう、熱が出そうと感じたら味噌おじやで暖まり、体力をつける
熱が出たら出し切るために第一大根湯第二大根湯
予防に梅ショウ番茶
頭痛にシイタケスープ
咳にレンコン汁
腎臓や肝臓のお手当に蒟蒻シップ

・看護などの為に備えをお勧めするもの
お粥と梅干(天然塩で作った添加物のない物)
玄米クリーム
干し椎茸、レンコンの粉(コーレン)
大根、生姜、病気治し用三年番茶、梅醤、梅練り
ペットボトルの水とストローキャップ
(横になっていても飲みやすい。水は日本製じゃないとストローキャップが合いません)

・食べ物での予防
長芋の擦りおろしを毎日、50g〜100gぐらい食べる。
長芋にはウイルスを包み込み害を無くす働きがあるそうです。
生体エネルギー能力を高めた「だるまいも」が有効かと思います。
生体エネルギー研究会代表「能源」さんにお問い合わせください。
(代表の方の農園で栽培されています)

*************

予防接種だ、特効薬だと色々情報はありますが、
全体的に言えるのは、

「人は何故病気になるのか?」
「治癒とはどういう事か?」
「それぞれの医療方法はどういうものか?」

それを理解している事が大事です。


それが、人をあおり、不安にさせ、
情報で操作しようとするものに、
打ち勝つ力になります。


とにかく、落ち着いて、冷静になりましょう。


メンタルコンサルティングTerraの基本情報
メンタルコンサルティングTerraのHP
メンタルコンサルティングTerraの最新情報
メンタルコンサルティングTerraのFacebook
日々の「これ素敵」やHSP等へのお役立ち情報
わたもりのインスタ


にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事

別窓 | ホリスティック医療 | コメント:2
∧top | under∨
<<インチャ、トラウマ、AC―相手は変わらないという大原則 | 「私の中の森」 | とにかく楽―生体エネルギー住宅1ヶ月半の記録>>

この記事のコメント:

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020-02-23 Sun 23:15 | | #[ 内容変更] | top↑
ナイショ様

コメントありがとうございます。
冷静にご自分の状態を見ているところが素晴らしいです。
それが現状把握であり、だからこそ分析や対処法に繋がるのですから。
毒出し、お互い頑張りましょう(*^^*)
2020-02-24 Mon 11:26 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |