fc2ブログ

予防接種について③―情報を伝える人について

これは2013年に私の書いた記事です。
予防接種害の仕組みと治療

当時は予防接種ワクチンの害について書いている人は、
一部の医療関係者や、
医療に関するライターさんくらいでした。

現在はこう言う情報を色々な人が挙げていますので、
ネット検索すればいくらでも出てきます。

「いったい何を信じたら良いの?」
と、余計に混乱する世の中になっています。

予防接種ワクチンの害について伝える方は、
(あくまで私の主観ですが)
批判的、攻撃的、ネガティブ等の特徴がある人が多く、
(2013年の私もそうですね)
人間性を疑いたくなる記述をする人もいて、
あなたの判断力を鈍らせるかもしれません。


気の弱い方は「この人を信じないと馬鹿って思われる!」となるかも。

私は情報を見る基準として、その情報をどんな立場の人が書いているかを重要視します。
予防接種や医療については以下を基準にしています。
シェアする場合は特に。
(だからって本当とは限らないとも思っています)

・医師や医療関係者の記事
・新聞、TV等の情報機関の記者の記事


個人の方が主観で書いたものは避けています。
記事をシェアする場合も上記のものをシェアするように気を付けています。

同じインターネットでも、SNSの情報は、以下の様な特徴があります。
・誰でも他者になりすますことが出来る(医療関係者にも)
・誰でもどんな立場の人でも情報発信できる
・直接人柄を知らない人の情報も流れてくる


今の若い人たちはどうか判らないのですが、
私達は、
「情報=きちんと裏をとって、信ぴょう性のあるものを伝えている」
と瞬間的に思い込んでしまうところがあります。

情報が本当とは限りません。
だから、その情報で一喜一憂する必要はありません。

専門用語を使い、丁寧に書いていても、本当とは限りません。
懐疑的なものの見方を最低50%くらいは持っているようお勧めいたします。

そして、必ずご自分で調べましょう。

「病気について、予防接種について、健康について、食について、
必要以上に不安になっているかもしれない」
と、今一度ご自分に聞いてみてください。

不安は心に隙を作り、弱らせ、疲れさせます。
余計な情報を入れない方が良い場合もあります。

「ええ~?何コレ、意味わかんない(笑)」と思える方は、それで良いです。
その方が健全なくらい。今は特に。

鵜呑みにせずに、
ちゃんと、自分の頭で考え、決断しましょう。

(私の記事もです)

次回は予防接種ワクチンを打つか?打たないか?
仮に家族が打って何かあった時はどうしたらいいか?について書きます。

メンタルコンサルティングTerraの基本情報
メンタルコンサルティングTerraのHP
メンタルコンサルティングTerraの最新情報
メンタルコンサルティングTerraのFacebook
予防、健康、旅行、料理等お役立ち情報
わたもり個人Facebookページ
日々の「これ素敵」やHSP等へのお役立ち情報
わたもりのインスタ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事

Comment 0

There are no comments yet.