「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

HSP 私の過敏症との付き合い方‐3

タイトルが固いし、なんかエラそう(--;)と思い、変えてみました。
今までお読みくださっていた方、
タイトルは違いますが昨日の続きですヨ。

③リン酸の多い食品をできるだけ減らす

リン酸を多くとると血中カルシウム濃度が相対的に減り、
だるくなったりイライラしたりします。
(詳しい仕組みは後日・・・いつか書きます)

カルシウムを補充しようとサプリメントをとることは肝臓を疲れさせます。
リン酸の多い食品とは、インスタント食品、
清涼飲料水、加工品、あと、甘いものも多いかな?

減らしたら私はかなり体がシャキッとしました。

また、スピリチュアル的な話になりますが、
人間の魂と言うのはへその下の丹田というところで、
小さな玉になっているそうですが、
リン酸を多くとったりするとそのバリヤーのようなものが薄くなり、
どんどん広がって体より大きなものになるそうです。
そうなると他者の「気」や感情、
エネルギーなどの影響を受けやすくなってしまします。
私は人酔いしやすかったのですが、
現在はかなり強くなりました。

④下半身を冷やさない

下半身を冷やすと血が上に上っていき、血流が悪くなります。
(2012、6、5「冷え症です」参照)

ある鍼灸師の先生は自閉症で怒ってばかりいる子どもに、
内臓の極端な冷えのかたまりを感じて、
血流を良くする治療をしたところ穏やかになったそうです。

血流が悪くなると睡眠も充分にとれないため、
神経過敏になります。

⑤住む場所と仕事を選ぶ

人込みが嫌いで騒音や空気の悪さに弱く、
並ぶのがダメ(前後に人がいるのがダメ)な私は、
都会には住めそうもありません。

若いころ大都市に住んでいましたが、
しょっちゅう電池切れをおこし、
気が付くと「人間活動停止」していて、
日曜ごとに大きな公園でぼーっとしてチャージしていました。

エイレン・N・アーロン氏は著書の中で
HSPに向いている職業として芸術家をすすめているそうですが、
現実的ではないと思います。
芸術家という特殊な分野で稼げる人がどれだけいるでしょうか?
何せHSPは全人口の2割もいるんですよ。
芸術家だらけになります。

神経を使う仕事はどんどんと神経がとがっていきます。
体を動かす、もくもくとできる仕事が良いと思います。
体力が付くまでに少し時間がかかるかもしれませんが、
体力が付くと疲れにくくなります。

私は農業をすすめます。
最近は大規模な農業法人も増え、
パートやサラリーマン農家として働く人が増えています。

また農場はたいてい自然の中にあります。
北海道の畑作農家は冬期間休みです。(失業手当が付くところも)
このご時世でも常に人手不足で求人はいっぱいあります。

自然というデリケートなものを相手にするのは
HSPの本領発揮というところでしょう。
土を扱うのは癒しになるともいいます。
また、嫌でなければ動物を扱うのにはもっと向いています。

ただし、農業では薬品を多く使います。
それらに過敏でないかよく確認しましょう。
有機、または無農薬農家が良いかもしれません。

そのほかにも介護職・看護職も向いていると思いますが、
(介護対象者の気持ちに気づきやすい)
職員同士の人間関係は難しいと思います。



いやあ、ずいぶんあるね、と、お思いのあなた。
え?まさか・・・?

そう、そのまさかです。
まだあります。

と、言うわけで続きは明日。

お読みくださってありがとうございます。
少しでも皆様のお役にたてばいいのですが。

ブログランキング&拍手してくれたらうれしいです

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事

別窓 | HSP | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<HSP 私の過敏症との付き合い方‐4 | 「私の中の森」 | ちょっと一休み>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| 「私の中の森」 |