fc2ブログ

現在のシェディング対策と食事の重要性

シェディング対策チンクチャー480

ホメオパシージャパン社
サポートφMeneki-S-G 20ml
2,250円(税込 2,805円)
(様々な販売サイトで購入できます)

こちらはアルコールにレメディが融けているタイプ。
水に薄めて少しずつ、一日に何回でも間隔を置いて飲みます。
私は金属の水筒に入れた水500mlに10~15滴。

アルコールはほぼ入っていないに等しい濃度なので、
お子さんやアルコールが苦手な方でも大丈夫です。

私の場合は片頭痛や外出時の極端な疲労が軽減しました。
頭がボーっとしていたのもスッキリ✨
睡眠時に早朝に目が覚めたり、悪夢も見なくなりました。

どうしてもアルコールが気になる方には、
てんさい糖の粒の表面にしみこませてあるタイプもあります。
s-Meneki-S-G/サポートレメディーMeneki-S-G(小)
860円 (税込 929円)

こちらはアルコールではないので、粒のままとる事も出来ます。
こちらも水に溶かして一口ずつ、一日に何回も取る事も可能です。

スパイク蛋白のレメディもあるそうです。

ホメオパシーレメディは電磁波の影響をうけやすいので金属の缶等で保護して保管しましょう。
缶は100円ショップで色々なサイズのを購入できます。

*********
シェディング対策の変化

2022年4月に私のブログ記事でシェディングについて詳しくお伝えいたしました。

【1】過敏体質と新型コロナワクチンとシェディング―解説編

【2】シェディング対策編―過敏体質と新型コロナワクチンとシェディング

当時はシェディングについて、ほとんど情報が無く、検索しても出てきませんでした。
現在はシェディングの情報はたくさん得られるようですが、
多すぎて何を見たら良いのか判らない状態とも言えます。

上記の記事にはシェディングの起こる仕組みと対策についてお伝えしましたが、
新型コロナを初めとして、予防接種がその都度変わっているので、
シェディング対策も変わってきます。

シェディング対策として、
・ホメオパシー
・食事改善

の両方を、お勧めいたします。

***********
食事改善の必要性

上記にお伝えしたシェディング対策は、
ホメオパシーという西洋医学の理論とは違う医療方法での改善策です。

西洋医学
「身体に入った病原菌やその他の不都合な症状を“抑える”もの」
「免疫力の働きを抑えるもの」

ホメオパシー
「身体に入った病原菌やその他の不都合な症状を“体の外に排泄する”もの」
「免疫力の働きを促進するもの」

これはどちらが良い悪いではなく、
それぞれの特徴を理解して選択する
よう10年以上前からお伝えし続けています。

わたもり個人HP
ホリスティック医療情報サイト「私の中の森の本棚」


ホリスティック医療ガイド > 「西洋医学」
 > 「ホメオパシー」

シェディング対策として食事改善が必要な理由は、
ホメオパシーで身体に悪い働きをするものを排泄しても、
身体に悪い食事をとり続けていては意味がないからです。

免疫力が下がり、病気になりやすく、症状の改善が遅れます。

シェディングを起こすワクチンを打たなくても、
シェディングの原因をホメオパシーで排泄しても、

それ以外で身体に悪いものを食べたり飲んだりすると、
身体は免疫力により、
「身体にとって毒となるもの」「悪い働きをするもの」を排泄しようとします。


身体に悪いものを無頓着に食べ続ける事は、
免疫力を疲弊させ、弱めるという事です。

だから、当店メンバーには食事療法の久恵先生がいるのです。

どんなに現状を分析、把握して、
心の悩みを話しても、
過敏体質を理解しても、
霊障を取り除いても、

身体の状態が心にも魂にも影響するからです。

********
食事の重要性

人間の心も体も食事で出来ています。

身体の一部である知能はもちろん、
かたちが無いように思える心でさえ、
脳や、身体の影響を受けます。

10年間、この仕事をしてきて、
実は心が一番、食事の影響を受けると判ってきました。

ネガティブになる食べ方、
心が弱くなる食べ方、
怒りっぽく、暴力的になる食べ方、
優柔不断になる食べ方、

その他、
それぞれの性格の根っこに、
食事の影響があります。


久恵先生は
「食べてきた物を聞けば、その人がどういう人か判る」
とおっしゃいます。

とは言え、当店のフード風土ヒーリングは、
他の食事法のように四角四面に、
厳密にやらなくても良い
のです。

外食もするし、おすすめしないものを食べてもOK。
「悪いもの」を食べた時の対策もお伝えします。

全てに完璧を求めるのは、心が歪んだ状態だと私は思います。

ゆるゆるとても続けて行けば、
身体が自然に悪い食べ物を受け付けなくなります。
私の場合、邪食するとすぐにお腹を壊すようになりました。
(邪食=FHで食べない方が良いとするものを食べる事)

シェディングは、
私達の意志とは関係なしに身体に入り込むもの。
だから、ホメオパシーを利用します。

健康を保つための食事は、
私達の意志でコントロールできるもの。
だから、フード風土ヒーリングをお勧めいたします。

食事を改善って言っても、
情報はたくさんあっても、
自分は何をどう変えたら良いのかわかりますか?
生まれつきの体質や性質によって千差万別なのですよ。

一人一人に合った食べ方をお伝えするのがフード風土ヒーリングです。

シェディング対策として、
ホメオパシーと食事改善の両方をお勧めいたします。


メンタルコンサルティングTerraHPの免責事項・注意点をご参照ください。

メンタルコンサルティングTerraの基本情報
メンタルコンサルティングTerraのHP

メンタルコンサルティングTerraの最新情報
メンタルコンサルティングTerraのFacebook

食事療法久恵先生のとってもためになるFC2ブログ
久恵流フード風土ヒーリング

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
人気ブログランキング

関連記事

Comment 0

There are no comments yet.