FC2ブログ

「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

KEEP「薬」

「私が私の体質や心の性質を知って、
私を保つためにしていること」KEEPの文章です。
今日は病気の人や痛みのある人が、
それらを改善するために一般的に利用する薬についての文章です。

昔は腹いっぱいになるくらい飲んでいましたが、
今ではどれも飲んでいません。
--------------------------------------------------
KEEP
私が私を知り、私を保つためにしている「私との付き合い方」
漢方薬・薬

若い頃は自分の不調に無頓着で
具体的にどこが具合悪いのかを把握するのが難しかった。
これもアスペルガーの特徴の一つらしい。
具体的には生理前になると足が浮腫んで
曲げることも歩くことも難しくなり、
それが一週間ほど続くと自覚したのは20代半ばだった。
色々検査したが悪いところはみつからず、
「精神的なもの」とされて精神安定剤を処方され
一年半以上飲んだが一向に良くならない。
別な用事でいった病院でその話をしたところ漢方薬を勧められ、
飲み始めて2ヶ月ほどで月経前のむくみは格段にへり、
それ以来ずっと飲んでいた。
それが数年前更年期障害の症状が出始め、
それにも効果があるということでますます手放せなかった。

他にメニエル病を発症してからは
錠剤を二種類とメニエル病のための漢方薬も飲んでいた。
錠剤のほうは最初「こんなんでなおるの?」とかなり馬鹿にしていたのだが、
飲み忘れが数回続く途端にめまいがしてくるので、
忘れずに飲むようにしていた。
しかし、普段のめまいは抑えられるような気がするものの、
治ったわけではなく、抑えていた分なのか反動が大きく、
発作が起こったときの状態がだんだんひどくなり、
ついには1ヶ月以上仕事ができないような状態になった。

その後は、病院の薬とは違うものを人から薦められ、
それによってずいぶん改善した。

昔は薬には副作用があると知識としては知っていたものの、
まさか自分に出るとは思ってもいなかった。
今では自分は他の人より副作用が出やすいのだと知っている。
自分で気がついたものもあれば医師に指摘されたものもある。
痛み止めで腹部の激痛、咳止めで動悸、湿布薬でかぶれおよび、ただれ。
抗アレルギー剤では眠気がひどく、一日中眠ってしまう。
それを医師に告げると、今ではほとんど薬を出してもらえない。
漢方薬なら大丈夫だろうと出されることもあるが、
漢方薬に詳しい人によると、
それらは私の体質にはまったく合わないものらしく、
実際に効き目が無い。
また、漢方薬でも胃痛は起こる。
今ではよほどのことが無い限り、西洋医学の薬は飲まない。

別窓 | 森歩き・KEEP | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

KEEP・読書

今日は私が自分自身を知って、自分を保つためにしていること、
「KEEP」の文章です。

今回は読書について。
難読症を克服してからは、
読書大好きになりました。
最近は実用書ばかり。あと、漫画。
ゆっくり小説を読みたいです。
------------------------------------
KEEP   読書

もともと難読症であった私だが、
現在読書はなかなか自由な時間の取れない私にとって、
娯楽であり、ストレス解消法の一つとなっている。

何かを調べるために実用書を読み漁るときもあるが、
それが続くと脳が疲れたと悲鳴を上げるので、
そういう時は小説、物語などを読んで、
脳の中を別世界へ連れて行く。
そうすると脳の中がリセットされて、
またうまく働くようになる。
かなり疲れているときは、
マンガを読む。

実用書はそのとき興味のある事柄について、
何冊も本を図書館から借りたり、
購入したりして読む。
小説などはほとんど図書館から借りる。
現代社会が舞台になっているものは、
身につまされることが多く、
世知辛い気持ちになるのであまり読まない。
ファンタジー小説や江戸時代の日本を舞台にしたものをよく読む。

本当は純文学作品がすきなのだが、
私は鬱になりやすい体質だと自覚しているので、
体調が悪いときや、忙しいとき、
気力が無いときは読まないようにしている。
心にずしーんと来る本を読むだけで、
落ち込んでしまうからである。

大抵はまとまった読書の時間が取れないので、
ほんの少しの時間を有効利用できるように、
ソファの横、枕元、車の中、かばんの中、机の上・・・、
と、それぞれおいておき、
数冊の本を平行して読んでいる。
時折何の前触れも無く難読症の症状が出ることがある。
そういう時はなるべくそこでやめずに、
字の意味が頭の中で理解できるまで、何度も何度も読み返して、
克服できてからやめるようにしている。

別窓 | 森歩き・KEEP | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

KEEP・気の持ちよう

調子にのって今日も更新です(^^)/

暑かったです~。
皆さんも熱中症にはお気をつけくださいませ。
私は冬でも汗をかく様な体を動かす仕事をしているので、
暑さ対策は重要。
首に保冷剤を入れたタオルを巻き、
頭に手ぬぐいを巻いて、帽子との間にまた保冷剤。
飲み物は炭酸入りミネラルウォーター。
それでも全身ずぶぬれ状態なので、
すぐのど乾きます。
-----------------------------------
「気の持ちよう」

精神病、例えば鬱や統合失調症などの
インターネット上のサイトには必ずと言っていいほど
親などの近親者に「気の持ちようなのだから」とか、
「気をしっかり持って」と言われ
「決して気のせいではない」と怒りを含んだ記述がある。
また、精神病系の本にも
「○○○が原因の病気であって
気の持ちようでどうにかなるものではない。」と書かれている。
私も精神的に非常につらかった時、言われた記憶がある。

しかし、私がそこで気になるのは
「他の人は気の持ちようと言われたのは初めてなのか?」と言うことだ。

実は私は幼児の頃から何かにつけ
「気の持ちよう」だと言われて育ってきた。
何しろ頭痛も腹痛も微熱も「気の持ちようだ」と言われ
あまり病院にはいかなかった気がする。
ちょっとしたけがなら「気をしっかり持てば大丈夫」で、
暑くても寒くても気の持ちようでどうにかなると言われ続けてきた。
また私もアスペルガーの「言葉どおりに受け取る」と言う特徴からか、
本当に気の持ちようでどうにかなっていた気がする。

ここまで読むとなんと言う親かと思うようだが、
HSPだとわかった今、
この親から受けた教育はとても正しかったのだと感じている。
何しろ何かにつけ人より敏感なのだから、
物心ついた時には体中のどこかが痛かった。
においや音などにも敏感で、すぐに気持ち悪くなったりした。
そう言う私に親がいちいち心配して
病院へ行ったり薬を飲ませたりしていたら、
今頃私は、
外に出るにもびくびくする大人になっていたのではないかと思う。

実際、大変過保護な人が周囲にいる場合、
ちょっと鼻水が出たとか、頭が痛いと言おうものなら
「病院だ!薬だ!寝ていろ!」と言われ、
だからといって仕事が消えてなくなるわけではないので、
私のスケジュールは病院や休息に大幅に時間をとられ、
休むためにへとへとになる。
病気になったら大変だと、
毎日やりたいことも控え、
「健康を保つ」のが最優先になり、
それがストレスになって病気ばかりしていた。
今では多少のことなら大騒ぎされるのが嫌なので
言わないようにしている。

他の人の場合は判らないが、
私に関しては「気の持ちよう」で育てた親は大正解だったのだ。

私も子育てをしているから、
これはとても度胸のいることだし、
子どもを良く観察していないと言えない言葉だと思っている。

親に反発していた思春期の頃などには
「気のせいじゃない!」と言い返したこともあったし、
わざと病気になるようにしていた頃もあったかもしれない。
だから自分も「気の持ちよう」というのが
いいことなのかどうかわからないと思っていた。

しかし、HSPだとわかった今は、
私は本当に自分にぴったりの親を選んで
生まれてきたのだなと思って感謝している。

別窓 | 森歩き・KEEP | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

KEEP「一人の時間」

やっと忙しいのがひと段落しました~(^o^)
ぎっくり腰になりかけながらもがんばりました。
病気だらけですが、お仕事がんばっていますよ♪
家事も子育ても。

7月はがんばってたくさん更新しますね!
----------------------------------------
一人の時間

基本的に、人に会っておしゃべりするのは、
昔は苦手だった。
常に他者との違和感のようなものを感じていた。
アスペルガーと言うのも関係するかもしれない。

けれど様々な壁にぶつかって、
その違和感を乗り越える努力をしてきた。
今は人に会っておしゃべりするのが、
一つの癒しであり、ビタミン剤になっている。

けれど、やはり自分はアスペルガー症候群なのだなあと実感するのが、
どうしても一人の時間が
一日のうちのどこかに必ず必要だと言うことだ。
行動するのも、一人のほうが気がらくだ。
もちろん、友達とランチに行ったり、
旅行に行ったりするのは楽しい。
子どもも可愛い。
それでも一人になる時間がないと、
例えばトイレのような場所で、
スイッチが切れたようにぼうっとしてしまう。

一人の時間には読書や音楽を聴いたりする。
洗濯物を干したりたたんだりしながらなら、
TVを見ることもある。
とにかく、同じ部屋の中に、
他者がいない時間と言うものが、
どうしても必要だ。

1日10分でいいからそういう時間を作るようにしている。
それでもだめなときは、
一人で出かけて一人で食事をして、
自分をリセットする時間が必要になる。
別窓 | 森歩き・KEEP | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

KEEP [チョコレート」

6月ですね~。
って、もう4日(^^;)すいません。
咳、やっとおさまってきました。
明日は3番目の子の運動会です。

「森歩き・KEEP」カテゴリは
私にはアスペルガー症候群だと自覚する前から、
自分と上手く付き合うためにしているいくつかの習慣があります。
(悪あがきともいう?)
もちろん、薬など一般的なものもありますが、
「え?こんなこと?」
と思われそうなことを、
結構大真面目にやってます。
---------------------------
KEEP
私が私を知って私を保つためにしている、「私との付き合い方」

「チョコレート」
昔からどうしようもなくいらいらしたり、
それを通り越して自分で異様だと思えるほどの怒りを感じることがあり、
その感情をもてあましていた。
30代半ばで読んだ本に
「女性は血糖値が下がるといらいらしやすい」と書かれており、
空腹をなるべく感じないように
間食をほんの少しずつとるようにした結果、
いらいらも怒りも格段に減ったような気がする。
年齢のせいもあるかもしれないが、
自分でも病的だと思うような怒りはなくなった。
間食に選ぶのは色々試した結果チョコレートだ。
カロリーが高いように思うかもしれないが、
商品が充実していてどこでも買えるし、一粒が小さい。
たくさん食べなければいいだけの話なのだ。
また、脳の働きも他の甘いものでは
あまりぱっとしなくて量をたくさん食べてしまうが、
チョコレートだと、これは気のせいだと絶対言われると思うが、
脳に血が通うのが判る。
摂取のポイントはお腹がなったりして
空腹を自覚する前に食べることだ。
お腹がなる状態というのは
体に蓄えられたエネルギーが流れ出している状態であり、
そうなってからでは回復に時間がかかる。

自分がアスペルガーだと自覚し、
脳が暴走しやすいのだと知ってからは
枕元にチョコレートを置いて寝起きにまず一粒食べるようにした。
寝ている間もかなり脳が暴走しているのか、
起きた時にはぐったりしていることが多いからだ。

以前はぐったりして動けなくなることもよくあったが、
「燃料が切れた」状態をなくすようにしたら、
それも減ったような気がする。

しかし今はやはり甘いものをとりすぎるのは良くないと思い、
ただの嗜好品としてとっている。
空腹にならないように気をつけながら。

別窓 | 森歩き・KEEP | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<BACK | 「私の中の森」 |